キャッシング審査

審査に通るコツを教えて!

キャッシング申込みの注意点は?
審査では何を調べているの?
返済能力が高い人とは?

トップ画像

キャッシング審査に通るコツとは?

卵・木

ちょっとお金に困った時、キャッシングのカードがあれば安心です。

今は夜中でも開いているATMもあり、いつでもお金を引出すことができます。

ただし、キャッシングには必ず審査があります。

落ちてしまうと、カードが発行されません。

審査で重視される点や注意点についてまとめています。

属性と信用情報

その人に返済能力があるのかどうかを調べています。

一言で返済能力と言っても、これは、収入が高ければいいという単純なものではありません。

キャッシング会社から見た、返済能力が高い人とは、

・収入や雇用が安定していること

・自由に使えるお金があること

・連絡がいつでも取れること

・身元がはっきりしていること

・いざという時には資産を持っていること

・今までのお金に関する支払いがきちんとしていること

これらを満たしている人は返済能力が高いと判断されます。

例えば、持ち家がある場合、連絡も取りやすく身元もはっきりしています。

持ち家なら資産にもなるので、持ち家があることは有利に働きます。

審査前には、様々な質問に答えることになります。

その結果が、上記の条件を満たしているかどうかを判断するための材料になります。

これが属性にあたります。

属性の優秀な人ほど取りやすくなります。

もう一つ重視されることがあり、それが信用情報です。

信用情報とは、信用情報機関に登録されている、今までのキャッシングやクレジット、分割支払いについての、利用や返済の履歴のことです。

例えば過去にクレジットカードでいくら買い物をして、いつ返済に遅れがあったかなども、信用情報に登録されています。

信用情報は、実際にその人が利用したキャッシングなどの履歴なので、返済能力を判断する上で重視されます。

属性と信用情報を元に、いくらなら融資してもいいかを判断します。

融資限度額と総量規制

審査を受ける前に知っておきたい事が、融資限度額と総量規制についてです。

融資限度額については、キャッシング会社ごとに限度額を設定しています。

中には1000万円まで融資可能なキャッシング会社もありますが、無条件で1000万円融資してくれるわけではありません。

融資限度額の他に知っておくべきなのが総量規制です。

総量規制とは金融会社の行う貸付けに対する規制で、年収の1/3を超える金額の貸付けは禁止されています。

例えば年収が600万円だった場合、その人は他社も含めた総額で、200万円までしか借り入れができないということです。

すでに他社での借入残高が150万円あった場合には、新たに申込みができるのは50万円ということになります。

ただし、住宅ローンや自動車ローンは別にして計算します。

また、銀行でのキャッシングは、総量規制の対象外なので、これも別にして計算します。

もしも総量規制に引っ掛からないなら、消費者金融の方が通りやすいですし、総量規制に引っ掛かるなら、総量規制対象外の銀行の方が通る可能性があります。

また、いきなり融資限度額いっぱいまで貸してくれるキャッシング会社はないと考えるべきです。

始めは少額で契約して、段々と増額を狙っていく方が確実です。

キャッシング審査の注意点

申し込み時の注意点として、複数のキャッシング会社に短期間に申込まないことを覚えておきましょう。

信用情報機関では、キャッシングの申込みの履歴も残ります。

審査に落ちてしまい、融資を受けることができなかったとしても、少なくとも半年間は履歴が残ります。

短期間に複数のキャッシング会社の申込むと、キャッシングの審査に通らなくなる場合があります。

これは申込みブラックと呼ばれている状態です。

もしも3社以上申込みをしてもダメだった場合、申込みブラックになってしまった可能性があります。

半年以上期間を空けてから申込みをしないと、どこも通らない可能性が高いです。

だからこそ、なるべく通りやすそうなキャッシング会社選ぶことは大切です。

もう一つの注意点は、申告は正確に、正直にすることです。

通りたいがために、嘘の申告をする人も少なからず存在しています。

しかし、キャッシング会社にとって申告情報は、返済能力を判断する上での重要な情報です。

当然内容に虚偽がないかを、念入りに調べます。

嘘はもちろん書き間違いが原因でも、内容に矛盾があれば落ちてしまいます。

例えば名前や生年月日の記入ミスでも、審査には落ちると考えてください。

単純な記入ミスなら許してくれてもいいのではないかと、借りる側からは思うかもしれません。

しかし、貸す側からしてみれば、自分の生年月日などを間違えるということは通常ありえません。

もしかしたら本人に成りすまして不正に申込みをしているかもしれないという警戒心が働きます。

審査に通るためには、申告は落ち着いて、確実に行いましょう。

スコアリングの結果は大事なの?

草

キャッシングの審査が通りやすくなるには、コツがあります。

知っていると知らないとでは大きく違うコツを知っておきましょう。

申告内容はスコアリングされている

申告した年収や雇用形態、持ち家の有無などの項目を元に、スコアリングされています。

要するに、審査に通るかどうかは、今の属性がどうなっているかによる影響を大きく受けます。

通るために申告内容に嘘を記入しても、落ちてしまいます。

申込み前に年収や雇用形態などの内容を変更することは現実的には無理があります。

よって、属性に対するスコアリングを捜査して、審査に通りやすくするということは、難しいのが現状です。

最終的な審査結果は人が判断する

現実的には属性自体をどうこうすることは難しいですが、結果はスコアリングだけで決まるわけではありません。

スコアリングの結果をもとに、最終的にはキャッシング会社の人間が判断をします。

スコアリングの結果が明らかに低いということであればともかく、特にスコアリングの結果が微妙だった場合には、審査の結果に対する人間の評価の影響は大きいです。

最終的には人間が判断しているという事実、ここを押さえて申込みをすることで、結果を大きく左右することがあります。

実は見られているその人の人間性

申込みは、店頭や無人契約機、電話にインターネットと様々です。

申込み時の態度がどうであれ、結果には影響がないと思っている人がいますが、これは間違いです。

店頭申込みはもちろん、電話やインターネットでも、通話時の話し方や態度に不審を感じると通すべきかどうかを担当者は悩みます。

無人契約機であっても、カメラはついていて、行動に不審な点があれば影響を与えます。

だからと言って馬鹿丁寧になる必要がありません。

落ち着いた態度できちんと対応することは、審査に通るための大切なコツです。

メリット・デメリットは?

手ハート

キャッシングの審査を受けるとメリットとデメリットがあります。

申込みをする前に、特にデメリットについてよく考えておきましょう。

キャッシング会社の審査のメリット

キャッシングを利用するためには、キャッシング会社の審査に通らなければいけません。

特に急ぎでお金が必要な場合、審査に通るだけでなく、早く融資してくれるかどうかも重要なポイントです。

キャッシング会社のメリットは、審査時間が短いことです。

大手の消費者金融なら最短30分で審査結果が出ます。

また、店頭へ行かなくても、インターネットからでも申込みは可能です。

インターネットからでも、営業時間内であれば手続き後すぐに審査をしてくれるので場所を選びません。

キャッシング会社の審査のデメリット

キャッシング会社は、手続き後最速で行ってくれるので便利です。

ただし、キャッシングの審査にはリスクもあるので、ここには注意が必要です。

キャッシング会社の審査の結果については、信用情報機関に履歴が残ってしまいます。

例えば審査に落ちてしまった場合、他のキャッシング会社へ申込みをした時に、他社で審査に落ちたことがばれてしまいます。

複数の会社に申込んでしまった場合、申込みブラックにされてしまい、他社でも借りられなくなる可能性があります。

むやみに審査を申込まないために

申込みブラックになってしまわないよう、複数のキャッシング会社に立て続けに申込みをするのは避けるべきです。

実は、情報機関に履歴が残るというデメリットなしに、審査を受ける方法があります。

それは仮審査です。

簡単な質問に答えるだけで、即座に融資できそうかどうかを教えてくれます。

実際の結果を保証するものではありませんが、一応の目安にはなります。

仮審査では、個人情報を入力しないので、信用情報に履歴が残る心配がありません。

ノーリスクで利用できる仮審査は、キャッシング会社の公式ホームページから利用することができます。


審査に通りやすいのは? 審査時間は? 学生はどう? 即日キャッシングOK? アコムの詳細は?